通常検索
カテゴリ検索
詳細検索

現在地

全国大学ビブリオバトル

全国大学ビブリオバトル2019

第10回全国大学ビブリオバトル首都決戦結果

第10回全国大学ビブリオバトル首都決戦が、令和元年12月22日(日)よみうり大手町ホールで行われました。

本戦の発表と結果 http://zenkoku19.bibliobattle.jp/records2019result

 決勝の様子 http://www.youtube.com/watch?v=agsT7A40Q60 

盛岡大学文学部3年の梅木颯人さんが、東北A地区代表として準決勝に臨みました。
梅木さんは地区予選・決戦と同じバトル本『「のび太」という生き方』を紹介して聴衆を魅了しましたが、
惜しくも決勝進出とはなりませんでした。

盛岡大学図書館では今年も全国大学ビブリオバトル地区予選の開催を予定しています。
皆さんのビブリオバトルへの参加をお待ちしております。

全国大学ビブリオバトル出場に関する記事が掲載されました。

全国大学ビブリオバトル出場に関する記事が、盛岡タイムスに掲載されました。

(2019年11月30日付朝刊 この記事・写真等は、盛岡タイムス社の許諾を得て掲載しています。)

東北A・Bブロック地区決戦結果について

 令和元年11月16日(土)せんだい3.11メモリアル交流館で行われた全国大学ビブリオバトル東北A・Bブロック地区決戦に、
 盛岡大学3年の梅木颯人さんが出場し見事優勝しました。盛岡大学生の 出場は3年連続の快挙となりました。
  
 梅木さんは、地区予選と同じ『「のび太」という生きかた』(横山泰行著、アスコム、2014年)を紹介しました。無理をし
 ないで自分らしく生きようという「のび太メソッド」を熱く語り、聴衆を魅了しました。発表後は聴衆から様々な質問等が
 あり、関心の高さがうかがえました。

 
  
 梅木さんは東北Aブロック代表として、令和元年12月22日(日)よみうり大手町ホールで行われる第10回全国大学ビブリオ
 バトルに出場します。東北地区から選出された代表は昨年が優勝、一昨年は準優勝しております。皆様方の暖かいご声援、
 ご支援をお願いいたします。

ビブリオバトル地区予選の記事が掲載されました。

盛岡大学図書館で開催したビブリオバトル地区予選に関する記事が、盛岡タイムスに掲載されました。

(2019年11月13日付朝刊 この記事・写真等は、盛岡タイムス社の許諾を得て掲載しています。)

全国大学ビブリオバトル2019東北A・Bブロック地区予選について

 

 令和元年11月9日(土)に多目的学習室を会場にビブリオバトル地区予選を開催しました。
 本館での開催は3回目となり、バトラー(参加発表者)も過去最高となる8名を数えました。
 今年のチャンプ本は盛岡大学3年の梅木颯人さん、準チャンプ本は岩手大学1年の飯沼響一
 さんが、獲得しました。
 バトラーは本に対する思いを経験を織り交ぜながら、熱く語りました。
 また、観覧参加者からは活発に意見等がだされ、会場も一体となったビブリオバトルが展開
 されました。

 以下に、ビブリオバトル本を紹介します。

 【チャンプ本】「のび太」という生きかた(横山 泰行 著)

 【準チャンプ本】よいこの君主論(架神 恭介、辰巳 一世 著)

 【ビブリオバトル本】  
  ジャン・バルジャン物語(ヴィクトル・ユゴー著)、FACTFULNESS(ハンス・ロスリング 著)、
  遺体―震災、津波の果てに(石井 光太 著)、無口な彼が残業する理由(坂井 志緒 著)、
  ライオンと魔女(C.S.ルイス 著)、命の後で咲いた花(綾崎 隼 著)、
 
 チャンプ本を獲得した梅木さんは、令和元年11月16日(土)仙台市で開催される東北地区決戦に臨みます。
 (東北地区代表に選出された場合、令和元年12月22日(日)東京都で行われる全国大会に出場します。)
 
 地区決戦においてもチャンプ本を獲得するよう皆様のご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。
 最後に本地区予選にご参加、ご協力いただきました方々へお礼申しあげます。

ビブリオバトルの記事が掲載されました。

盛岡大学図書館で開催するビブリオバトル地区予選に関する記事が、盛岡タイムスに掲載されました。

(2019年11月4日付朝刊 この記事・写真等は、盛岡タイムス社の許諾を得て掲載しています。)



過去のビブリオバトル

2018

2017

2016